ダイナースクラブカード

海外旅行の際にもっとも便利なカード。 最高級のステータスカードです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M&Aプロが教える株式投資

ダイナースクラブカードに興味をお持ちの方は、
恐らく株式投資も展開されている方が多いのではないでしょうか。

そこで今日は閑話休題、M&Aプロが教える株式投資をご紹介します。


プロのM&AコンサルタントがM&Aの手法を株式投資に生かす方法を伝授します。
株式投資で失敗しないためのコツは株の「価値」を見抜くこと。
実践的な「企業価値評価法」を学べば、誰でも株の割安度が分かるようになります。

詳細はこちら→ 企業価値を見抜いて投資せよセミナーDVDシリーズ


スポンサーサイト

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

国際電話用に、こんな便利なカードがあったんだ・・・

海外に出かけたときには、日本との連絡にけっこう悩むものです。

2年前にアメリカに出かけたときも、いろいろと困りましたよ。
携帯から電話したら、えらいバカ高い通話料がかかることが分かって。
そんなら、ってことでパソコンからインターネットでメールしようとしたら、そのホテルではインターネット接続に1泊1000円以上も取られちゃったりとか。

簡単な連絡ですむのなら、やっぱり電話からの国際電話なんですけど、
これがまた面倒なんですよね。
いざというときに小銭がなかったり、
「あれ?日本の国番号って、何番だったっけ??」なんてね。

いや~、ホントあのときは参りました。


・・・と苦い記憶を思い出していたら、最近すごく便利なものを発見しました。
「KDDIスーパーワールドカード」っていう、国際電話専用のプリペイドカードです。





ネットでも購入できて、カード番号を控えておけば買ったらいつでも、海外のホテルからでも公衆電話からでも、簡単に日本語ガイダンスで電話できるんですって。
この「日本語ガイダンス」ってのが、海外に行くとメチャクチャ助かるんですよね。

海外での不慮の緊急時でも、すぐ日本に連絡が取れるので安心です。

次に海外に行くときは、KDDIスーパーワールドカードを一枚財布に入れておこうっと。
次の海外旅行がいつになるのかは、全く未定だけど・・・(苦笑)

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

貯めたポイントをマイルに変更できるダイナースグローバルマイレージ

貯めたポイントをマイルに変換こともできます。カード利用ポイントをマイルに移行できるのも、飛行機を利用する機会の多い人にとっては嬉しいポイントでしょう。

(ダイナースクラブカードのポイントをマイルに移行するには、ダイナースグローバルマイレージ(年間参加料4,200円)への参加が必要です。)

テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

マイルが貯まるANAダイナースカード






■「ANAマイレージクラブ」に自動参加

ANAおよび提携航空会社の搭乗や提携パートナー企業の利用で貯まったマイルを、特典航空券などに交換できるサービスにカード発行と同時に自動参加となります。


■「ボーナスマイル」でさらに大きく貯まる

ANAダイナースカードなら、入会時にボーナスマイルをプレゼント。(2,000マイル)※1
また、通常のフライトマイルに加えてご搭乗ごとにボーナス(区間基本マイレージの25%)をプレゼント。※2 
さらに、翌年度以降毎年カードを継続すると、ボーナスマイル(2,000マイル)を差しあげます。

※1  ● 本会員(個人会員)の方が対象です(家族会員は対象となりません)。
  ● 年会費を指定の期日までに支払った場合に対象となります(年会費支払月の翌月末に積算されます)。
※2  ● ANAグループ便にマイル積算対象運賃で搭乗した場合、またはIBEXエアラインズ・スカイネットアジア航空およびAIR DOが運航する日本国内のコードシェア便をANA便名にて予約・ご搭乗した場合に対象となります。
  ● 航空券の便名がANA便であっても他社運航によるコードシェア便は対象になりません。


■ショッピングでもしっかり貯まる

「カードマイレージサービス」(移行手数料無料)
ANAダイナースカードのご利用で貯まるクラブポイント(10,000円=1クラブポイント)をANAマイレージクラブのマイルに1ポイント単位で移行できます。
(1クラブポイント=100マイル)
※本会員(個人会員)のみ対象となります。家族会員ご利用分は本会員分に集約されます。

「カードマイレージサービス・ショッピングアルファ」
ショッピングアルファ加盟店でANAダイナースカードを利用すると、100円=1マイルを自動的に加算。クラブポイントによるマイルとは別に積算されるので、一度のお買い物で2度貯まって大変おトクです。

※本会員(個人会員)のみ対象となります。家族会員ご利用分は本会員分に集約されます。
※一部対象とならない店舗、サービスステーション、お支払い内容等があります。

<ショッピングアルファ加盟店>
●ANAグループ(航空券・機内販売) ●ANA SKY SHOP(全日空商事通信販売) ●島屋 
●松坂屋 ●ザ・ギンザ ●メガネスーパー ●紳士服コナカ ●グリーンキャブ ●新日本石油 
●出光 ●ECC外語学院 ●長沼静きもの学院 ●てもみん ●たかの友梨 など 


■電子マネー“Edy”機能付

ANAダイナースカードに“Edy”機能がプラス。
“Edy”は、全国の“Edy”加盟店にて利用できます。
※ビジネス・アカウントカードに“Edy”機能は付きません。

<“Edy”で貯める>
“Edy”でのお支払い200円(消費税含む)につき、1マイル貯まります。
※ 1回の支払いが200円未満の場合は対象となりません。(200円未満切捨て)
※ 自動販売機での利用、公共料金、CNチケット代金、たばこ、金券等の支払いは対象となりません。マイル積算対象のものとご一緒に支払う場合でも全てのお支払分が対象外となります。

<“Edy”に交換する>
貯めた10,000マイルを10,000円分の電子マネー特典“Edy”に交換できます。


■海外旅行保険(自動付帯)

日本を出発してから最高3ヵ月まで、傷害死亡・後遺障害最高1億円*をはじめとした充実の補償が受けられます。
*本カードで航空券等の支払いがない場合は、傷害死亡・後遺障害最高5,000万円となります。


■国内旅行傷害保険

国内での交通機関の事故、ホテル・旅館内での火災事故などに対して、傷害死亡・後遺障害
最高1億円*をはじめ、入院・手術・通院の補償も受けられます。
*本カードで乗り物や宿泊施設等の支払いがない場合は、障害死亡・後遺障害最高5,000万円となります。


その他、ANAマイレージクラブに関する詳細は





【入会基準】

原則として、年齢33歳以上の方、勤続10年以上の役職者または自営10年以上の方、自家保有の方。
※ 入会に際しては、所定の審査があります。
※ カード利用可能額およびリボルビング払い利用可能枠等は、審査の結果により個別に設定されます。


【年会費】

●個人会員: 22,050円(税込)
●家族会員: 6,300円(税込)


 

テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。